読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

由無し事

とりとめのない事を書き留めます。

ハロプロ楽曲大賞'15、投票してきました。(前編)

年末恒例の、ハロプロ楽曲大賞

今年も投票してきました。
 
今年は好きな楽曲・MVが多すぎて、
絞り込むのも一苦労だし、
さらに配点するのも悩みに悩みました。

多分、去年の倍以上時間がかかってる。

おまけにコメント考える余裕なんか全然無かった。
 
なので、せっかくブログを始めたので、ここで投票した作品とそのコメント、
更に泣く泣く選外にした作品もあわせて書き留めておきたいと思います。

 

まずは楽曲編から

 
 

楽曲部門

 
1位 Juice=Juice 愛のダイビング/Juice=Juice 4.0 

愛のダイビング

愛のダイビング

  • Juice=Juice
  • J-Pop
  • ¥250

ゴリッゴリのフュージョン来たよコレ!

ベースのラインがすこぶる良いです。

 

ちょっと”懐かしのJ-POP”な感じの歌詞も好き。「開くよハート型のパラシュート」とか。

 
2位 Juice=Juice 愛・愛・傘/Juice=Juice 1.5 

愛・愛・傘

愛・愛・傘

  • Juice=Juice
  • J-Pop
  • ¥250

なんか一昔前の渋谷系っぽい感じで。ピチカートとか。
後で初期カーディガンズのようなスエディッシュポップをイメージしたと聞いて凄い納得。
可愛らしい曲なんですけど、何気にリズム取るのが難しい。
幅広いジャンルをソツなく提供できるアビリティの高さが、今のJJの最大の強みだと思います。
 
JJアルバム曲で1・2フィニッシュになっちゃいました。本当にこのアルバム良曲多すぎ。
票が割れて順位が下の方に固まらないか心配です。
 
 
 
赤羽橋ファンク、大好物です。
スカッとMy Heart」と迷ったんですが、若さ溢れるキラキラ感と
よりつんく♂イズムを感じる歌詞でこちらに軍配。
これもベースラインが良いなぁ。
 
4位 カントリー・ガールズ 愛おしくってごめんね/カントリー・ガールズ 1.5 
なんといっても可愛さでしょう。可愛いは正義。
初めてパフォーマンス見た時の衝撃といったら、もうね。
嬉唄ちゃん……
 
5位 アンジュルム 出すぎた杭は打たれない/アンジュルム 1.5 
ゴリゴリのヘビーなサウンド。
間奏のギターリフが泣かしに走ってて、とても好き。魚住姐さん良い曲書くわー。
 
「新・日本のススメ」を聴いた時も思ったんだけど、
こういう曲をちゃんと自分たちのカラーにして提供できるのは凄いな、と。
 
 
次点

我武者LIFE

我武者LIFE

そういえば、°C-uteのシングル楽曲でここまで王道な感じは珍しいのかも、と。
番組企画からスタートしてて、作曲も完全外部のクリエイターだったのも大きい。
タイトルだけみてもっとイカツイ曲だと思った人、正直に手を挙げなさい。はいっ。
 

スカッとMy Heart

スカッとMy Heart

Say!Hello!と迷った赤羽橋ファンク枠1
海外でヒットした某ファンク曲を彷彿とさせる1曲。
褒めることを強要する歌詞はなかなか斬新であります。
仕事でうまくいかなかった時は、この曲が頭の中でエンドレスリピート。
娘。ヲタですが、正直キタッって思えるのがこの曲ぐらいってのがちょっと残念だなーと。
 
アンジュルム 大器晩成

大器晩成

大器晩成

赤羽橋ファンク枠その2。
3期メンバーが加入し、グループ名が変わった一発目の曲にふさわしい、
パワーとグルーヴがある曲。そりゃ上國料ちゃんも勇気をもらえるわ。
間奏明けのむろたん抜擢に胸熱だった。
 
アンジュルム 乙女の逆襲

乙女の逆襲

乙女の逆襲

川辺ヒロシCMJKという、まさにおっさんホイホイな組合せに滾りました。
全体的にテラーっぽい感じと、年頃の女の子が抱える鬱屈した感情が上手い具合に融合されてて
良い意味でアイドルらしからぬ楽曲。
間奏の謎のバレエパートもわけわからなくて、好き。
 
 
ミュージカルナンバーらしく徐々に盛り上がる構成がとても良い。
あと、メンバーみんなの表現力がそれぞれに良いです。
特に「疲れて いつの間にか眠って〜」からの、あやかのんの流れが凄くキュンとする。
追記:まさかめいめいが卒業するなんて思ってもなかったよ…めいめい……
 
juice=juice チクタク私の旬

チクタク 私の旬

チクタク 私の旬

  • Juice=Juice
  • J-Pop
  • ¥250

イントロ・アウトロのバイオリン弾く振付がカワイイ。
可愛らしい乙女な曲に聞こえますが、よく聞くと
「そこそこ自分は可愛いと自覚してる女の子が、やんわり相手にマウントかけてる」
歌なので、そのギャップが面白い。
児玉さんが描く歌詞の女の子は、こういうちょっとめんどくさい感じの女の子が多くて、
そのめんどくささがたまらなく愛おしい。
 
ハロプロ研修生 青春BEATは16
これも可愛いの一言に尽きる。サウンドもしかり、振付もしかり。
サビのwowwowの所とか可愛すぎて飛んでいきそう。
デビュー前の研修生の段階で16ビートをキッチリ叩き込むあたり
つんくちゃんがリズム馬鹿…いえ、リズムを大切にしているのがよく分かります。
 
思春期特有の謎の自信というか、謎の全能感が溢れてて、凄い好きな楽曲。
さうんども爽やか。
 

念には念

念には念

初聴きはGRADATIONのオープニングアクトだったかな。
その時すでに完成度も高く、あふれんばかりの熱量に正直ビビった記憶があります。
あやぱん組長の貫禄と、れいれいの細いのにパワフルなボーカル、
みなみなの成長にいたく感嘆。
あと念々の時の藤丼がガキさんを彷彿とさせました。あの一人全力ですっごい低い体勢とか。
 
追記:レコ大最優秀新人賞、受賞おめでとう!